RSS | ATOM | SEARCH
カジノ法案、衆院内閣委員会で強行採決−「拙速に進めることは断じて容認できない」と愛媛新聞社説でも

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 14:55
comments(0), trackbacks(0), - -
南スーダンの深刻な事態、過去の撤収計画議論した自衛隊の内部文書も。自衛隊員の「現場の実情が正しく伝わっていない」は印象的−NHKクローズアップ現代で

author:田中かつひこ, category:-, 14:52
comments(0), trackbacks(0), - -
障がい児の放課後の居場所になる放課後等デイサービスをおこなっている事業所を訪問し、懇談

 3事業所目になりますが、放課後等デイサービスをおこなっている事業所を訪問。夕方の慌ただしいなかでしたが、1時間ほど、ようすを見せていただきながら、事業者さんからもお話をおうかがいしました。今後も引き続き、事業所でお話もお聞きしながら、子どもたちの成長や親御さんの要求、事業者さんの問題意識などから、この事業の今後について、考えていきたいと思っています。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 18:29
comments(0), trackbacks(0), - -
国会会期を12月14日まで延長―年金カット法案など廃案へ最後まで世論を広げよう

 今朝の宣伝は平田交差点で。国会会期を12月14日まで延長。TPP批准や関連法案、年金カット法案を成立させるために。会期中に成立させることができなかったうえに、強行採決の連続です。こんなひどい国会対応はありません。徹底審議のうえ廃案へ、世論を最後まで広げようと訴えました。

 会期延長で解散はどうなるか…

author:田中かつひこ, category:-, 18:25
comments(0), trackbacks(0), - -
12月県議会がはじまっています。会期は12月14日までです。

author:田中かつひこ, category:-, 18:21
comments(0), trackbacks(0), - -
伊方原発で事故があった場合の住民避難計画―愛媛県と高知県で「30膳外で差」と愛媛新聞が報道

 

 

 

author:田中かつひこ, category:原発・エネルギー, 15:59
comments(0), trackbacks(0), - -
愛媛すごいもの博2016−えひめ・まつやま産業まつり―の会場をまわってきました

 愛媛すごいもの博2016が今日・明日開催されています。明日は雨が心配ですが…。八幡浜のちゃんぽんや鯛めし、鬼北町名物のキジ肉の入ったカレー、うどんやせんざんきをつまんでまわりました。つまむには多いですが…・JAのみなさんが杵でついたおもちやミカン、高校生の方がつくったクッキーなどは買ってかえりました。

 

 

 

     鬼北町のきじカレー

JAのみなさんが杵でついたおもち

   JA西宇和のミカン

 

 

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 16:48
comments(0), trackbacks(0), - -
年金カット法案を衆院厚生労働委員会で、自民・公明などが強行採決。たたかいはこれから、徹底審議で廃案に。到底、安心できる年金制度とは言えません

 

 年金カット法案を自民・公明、維新が衆院厚生労働委員会で強行採決。まだ、たたかいはこれから。世論と運動で、徹底審議のうえ廃案にと、力をつくします。何よりも、安心できる年金制度とはいえません。多くのみなさんが願う、最低保障年金制度創設へふみだすことが必要です。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 11:52
comments(0), trackbacks(0), - -
愛媛県商工団体連合会婦人部協議会第41回定期総会であいさつ

 愛媛県商工団体連合会婦人部協議会の第41回定期総会があり、あいさつをさせていただきました。どの分野でも女性ががんばると世論や運動が広がります。民主商工会の運動も女性のみなさんのもっている力は大きなものがあります。総会議案で知ったのですが、昨年度から今年度へ、婦人部の会員拡大では前進して迎えているそうです。それだけをとっても、要求実現と会員拡大を一体にとりくまれているのは、頭の下がる思いです。

 私は、あいさつで、今年問題になった白紙領収書、企業献金にかわるパーティー券などは、消費税8%に苦しむ中小業者のみなさんのとっては、怒りが広がる問題ばかりです。いま、年金カット法案、社会保障切り捨てや負担増、国保会計の都道府県一本化を押し付けるかわりに国が3400億円地方に繰り入れるとしていたのに増税延期を理由にとりやめようとし、知事会が批判の声をあげているなど、消費税増税しか財源がないと言わんばかりの政治のあり方を転換しよう。

 憲法を守りいかし、中小企業を主役に地域経済をささえる経済政策へ、安倍暴走政治を終わらせていこうと、あいさつをさせていただきました。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 11:47
comments(0), trackbacks(0), - -
安保法制・戦争法の具体化を止めよう!自衛隊は、戦争状態の南スーダンから撤退を

 愛媛労連や愛媛民医連、新婦人愛媛県本部などでつくる「憲法共同センター」での宣伝・署名活動が、昼休みにありました。

 安倍政権が安保法制・戦争法の具体化として、南スーダンに派遣する自衛隊に「駆けつけ警護」など新たな任務を付与する閣議決定をしました。しかし、南スーダンは平穏どころか、内戦状態。国外逃亡した前副大統領は停戦合意は存在していないと言明しています。

 ですから、そもそも、自衛隊を派遣するためのPKO参加5原則の第一、停戦合意そのものが成り立っていないわけです。内戦状態ですから、国連軍と政府軍が衝突する可能性もあり、そこで国連軍への駆けつけ警護となれば、政府軍と対立することになりかねません。若い自衛隊員を殺し、殺される事態にさせないために、自衛隊は南スーダンから撤退させるべきです。憲法9条をもつ国として、非軍事の分野、民生支援や医療支援などに力をつくすべきです。現地に入った日本のNGO関係者も口をそろえてその指摘をしています。

 それぞれの方が訴えました。

 署名を呼びかけていると「テレビを見ていても、お母さん方がいかないでほしいと泣いてましたよね」と言って、署名してくれる女性もおられました。

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 16:57
comments(0), trackbacks(0), - -