RSS | ATOM | SEARCH
松山市の日本共産党東部後援会(小崎愛子松山市議担当の地域ブロック)総会。後援会か活動が活発な高知市の地域後援会の活動も学び、総選挙と来年の松山市議選での議席増に。

 土曜日の午前中という慌ただしい時間でしたが、多くの方がそれぞれの地域から集まっていただきました。しっかりと後援会の総会もひらき、活動方針を決めるので、本当に感銘します。

 河野文朗後援会長さんのあいさつ、衆院四国比例予定候補の白川よう子さんからのメッセージ、衆院愛媛1区予定候補の石本憲一さん、小崎愛子松山市議もそれぞれあいさつし、私もですが…。

 さて、私は、秘密保護法、安保法制―戦争法、共謀罪を強行した安倍政権を退場させ、この3つとも廃止して、憲法が本格的にいきる野党連合政権を切り開くためにも、共産党の躍進がどうしても必要だということ。

 総選挙の時期は不透明ですが、2018年4月に松山市議選、同年11月に愛媛県知事選と松山市長選、翌2019年4月に統一地方選・県議会議員選、同年6月に参議院選。このいずれかの時期の間か前に、総選挙がある。松山市民は1年半の間に6回の投票の機会がある。この1年半は、憲法を守る、国民・市民にとっても歴史的な1年半になると思う。

 ここで、戦争する国づくりノー、憲法9条を守りいかす、伊方原発は再稼働やめすべて廃炉に―この政治を前にすすめる1票をぐんぐんと広げるような流れをつくる、それは地方選も含め、日本共産党の議席と得票をふやし、広げることが何よりもカギを握っています。期日が決まっている松山市議選で、野党共闘の要をはたす共産党を大きく伸ばす、安倍政権にレッドカードの審判を―小崎愛子松山市議を先頭に押し立てて、総選挙と一体に前進を切り開くというかまえ、位置づけもすえてやっていきましょうと。そのスタートにもなる、7月16日の小池晃書記局長を迎える演説会を大きく成功させるために、後援会のみなさんのお力をおかしくださいと話しました。

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 13:46
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日の夕方からの報道。前川前文科次官があらためて会見。「官邸関与ほぼ確実」と。真摯に説明するといいながら、臨時国会も閉会中審査も、安倍政権は拒否を続けるのでしょうか。

author:田中かつひこ, category:-, 13:26
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日から東京都議選が告示されました。今日・明日が最後の土日。東京の天気はどうなんでしょうか…。共産党都議団を増やして、豊洲移転中止、築地再整備。憲法9条壊すな、暴走政権にレッドカードの審判を。松山市の有権者(約42万人)と同規模でも定数が4〜6。それだけ

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 13:22
comments(0), trackbacks(0), - -
今朝の愛媛新聞社説。引き続き、加計学園疑惑への説明責任をさらに求める論調。野党4党は臨時国会召集を要求。国民の世論で包囲していこう

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 18:19
comments(0), trackbacks(0), - -
ユニセフ(国連児童基金)調査によっても、日本は子どもたちへの貧困対策が弱いことが示されています。国の責任でいっそうの貧困対策を。

author:田中かつひこ, category:-, 18:12
comments(0), trackbacks(0), - -
内閣官房副長官と文科省局長との面談が明らかに。議論になってもいないのにこんな記述をすることがあるでしょうか?文科省としてはそう受け止めたということでしょう。これでは否定するだけでは説明したとはいえないのでは。国会で審議するのは当然では。

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 09:47
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日は唯一、晴れ間が。平田交差点で朝宣伝。特定秘密保護法、安保法制=戦争法、共謀罪廃止で立憲主義を取り戻そう。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 09:43
comments(0), trackbacks(0), - -
安倍政権の支持率が急落。共謀罪強行の暴挙や加計疑惑など。これを市民と野党の共闘の発展に、政策的な発展に実らせて、政治は変えられるというメッセージを発信しないといけないと思います。東京都議選で明確な審判をしめし、愛媛では10月の衆院3区補選で、野党共闘勝利

author:田中かつひこ, category:-, 09:15
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日、NHK日曜討論。加計疑惑もかなり時間を割いて。自民・公明は幕引きに躍起。小池書記局長は「獣医学部新設を問題にしているのではない。審査が公正だったかどうかが焦点」と。官邸・官房副長官の関与も濃厚。さらに証人喚問などで徹底解明を主張。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 09:03
comments(0), trackbacks(0), - -
加計算学園問題。地元・愛媛新聞社説でも厳しく指摘。さらに深まる疑惑の徹底解明を求めています。「事実を明らかにしないまま幕引きを図ることは断じて許されない。」

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 15:22
comments(0), trackbacks(0), - -