RSS | ATOM | SEARCH
嵐の松本潤さんが、避難所になっている西予市野村小学校を後にした2時間後に野村小学校を訪問。避難者の方に要望や思いを聞かせていただきました。遊具が2階にあがるような凄まじい河川氾濫で被災した野村保育所、ミカン山の崩落で校舎が使えなくなった明浜中学校も見まし

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 16:31
comments(0), trackbacks(0), - -
愛媛県の専決補正予算には、被災者の声にこたえたものも。国の被災者生活再建支援法に、県が独自の上乗せによる助成の拡充。半壊や一部損壊・床上浸水世帯にも支援。国も柔軟な対応と同時に上限額の引き上げを真剣にすすめてもらいたいものです。

author:田中かつひこ, category:-, 18:12
comments(0), trackbacks(0), - -
45億円余の補正予算。専決によるもの。被災者支援など。仮設住宅建設は急ぎますが希望する被災者の方が全員、入居できるように。愛媛県の農林水産被害が273億円。今後さらに広がる可能性。産地を守るために知恵と力を。

author:田中かつひこ, category:-, 22:24
comments(0), trackbacks(0), - -
鬼北町、松野町は共産党議員がおらず、役場を訪問し、被害へのお見舞いをしながら、被害状況を聞く。松野町では床上浸水がひどく、実態的には全壊ですが、半壊の判断をされたなどの悩みも…。柔軟な対応を国に求めて。鬼北町の一時孤立した集落を訪問しお見舞い。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 12:58
comments(0), trackbacks(0), - -
西予市野村地域。河川氾濫で床上浸水多数の被害。農産物を扱う共撰場なども大きな被害に。ビニールハウスでは、約2mのところまで水が来たとのこと。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 12:53
comments(0), trackbacks(0), - -
避難所で、避難所運営担当者から状況を聞き、避難されている方からも要望を聞く。断水の解決を求める声が最も切実に。避難所の前にも、自衛隊が設置した仮設浴場もあります。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 12:50
comments(0), trackbacks(0), - -
豪雨災害で最も深刻な事態の宇和島市吉田町。田村智子党副委員長らと現地調査。断水が続き、道路がやっと通行できる状況で、土砂や被災家屋が手つかずのところも多い。土ぼこりや粉じんも激しい。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 12:37
comments(0), trackbacks(0), - -
全国各地でとりくまれている西日本豪雨災害に対する被災者救援募金。昨日、松山市内の土曜夜市でにぎわうなかを、共産党中予地区委員会で募金呼びかけ。多くの市民の方に協力いただきました。

author:田中かつひこ, category:-, 14:39
comments(0), trackbacks(0), - -
移動手段に困っている方、交通手段を求めている方に届くようにしてもらいたいし、求めている被災者の方は各地に。こうした努力が広がるよう。

author:田中かつひこ, category:-, 14:36
comments(0), trackbacks(0), - -
愛媛新聞社説。「誰一人置き去りにしない支援を」―この立場が本当に大事だと思います。

author:田中かつひこ, category:-, 14:32
comments(0), trackbacks(0), - -