RSS | ATOM | SEARCH
田中かつひこ愛媛県議会だより2017年冬号

田中かつひこ愛媛県議会だより2017年冬号です。
画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

 

 

author:田中かつひこ, category:-, 17:43
comments(0), trackbacks(0), - -
「この世界の片隅に」−観ると語りたくなる映画です〜印象的な1面広告でした

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:22
comments(0), trackbacks(0), - -
これだけ寒さが厳しいと宣伝の姿をみる余裕もないでしょう。それは理解しつつ衣山交差点で朝宣伝―国会論戦がはじまります

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:18
comments(0), trackbacks(0), - -
総選挙で、野党共闘と日本共産党の躍進を―松山市内の東部後援会が「新春のつどい」

 朝からたいへん冷たい雨も降るなか1月22日、松山市内の日本共産党東部後援会(小崎愛子松山市議の担当地域)が「新春のつどい」をひらかれ、私も寄せていただきました。寒いのにたいへん多くの方にお集りいただいたと思います。私からもお礼申し上げます。

 河野文朗後援会長や石本憲一衆院愛媛1区予定候補、小崎愛子市議らのあいさつ、日本共産党の衆院四国比例予定候補の白川よう子香川県議のメッセージも紹介されました。

 各後援会からもさまざまな出し物もあり、和やかに笑顔の絶えない新春のつどいでした。お互いに、衆議院選挙でもさらに前進していこうという思いが響き合うものだったと思います。

 久米地域の後援会のみなさん

   生協病院内有志後援会のみなさん

  桑原地域の後援会のみなさん

  河野文朗・東部後援会会長

  小崎愛子松山市議

 あいさつしているのが石本憲一衆院愛媛1区候補

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 15:49
comments(0), trackbacks(0), - -
実行委員会呼びかけ「愛媛県政を考えるシンポジウム」−伊方原発、くらし、地域経済や社会保障の視点から

 雨もふり、強風が吹きつける厳しい寒さだった20日、実行委員会主催で、愛媛県政を考えるシンポジウムがありました。伊方原発の問題をはじめ社会保障、地域経済・くらしなどそれぞれの視点からの問題意識、現状の課題などを発言し、交流しました。

 私は、改憲勢力が衆参ともで3分の2を占めるなかで、安倍暴走政権が改憲への動きを強めてるなかで、地方自治体の首長の「憲法観」も大事なときではないかと議会での発言などを紹介。

 また、これまでの県知事選挙で問題になった、県立学校耐震化全国最下位だったことが県民的な注目になり批判が集まり、その争点が現実に県立学校耐震化100%へと前進してきていることも指摘しつつ、特別支援学校数は全国45位、1学校の平均生徒数は多い順で全国9番目、私学の高校・中学の耐震化率は約70%で全国40位となっていることなども示し、今後の教育や私学助成などこうした分野で県政がどうとりくんでいくかが課題だと。また、社会保障の切り捨てが数々待ち受けていることも含め、愛媛での格差と貧困をどう位置づけて取り組んでいくのかが大きな分岐点にきていると感じる私の思いもお話しさせていただきました。

 県政も固定化されてるものではなく、いま、安倍暴走政権をストップさせようと市民と野党の共闘をさらに発展させる努力をお互いにしていますが、この発展は、政治全体あるいは一致する要求の実現でも、県政にも大きな影響をあたえることになるのではないかと締めくくりました。

 それぞれのご報告も、発言も今後の運動にいかせるものばかりでした。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 15:38
comments(0), trackbacks(0), - -
共産党第27回党大会決議、野党連合政権にマスコミも注目されている

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 09:39
comments(0), trackbacks(0), - -
放課後児童クラブに希望しても入れない待機者が過去最多と。愛媛は128人と。私の感覚ではもっと多いように思うのですが。いずれにしても希望者が入所できるよう手立てが急がれます

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 16:22
comments(0), trackbacks(0), - -
『四国 道の駅をゆく』―私が高校卒業まで暮らした地元の記事。四国の地域新聞に随時掲載されているのだろうと思います

 私が生まれ育ったのは、この地図でいうと「宍喰(ししくいと読みます)駅」から西に3〜4キロほどのところでしょうか。「海陽町」は合併してからの新たな町名です。私が生まれたころは、宍喰町、海部町、海南町とあったのですが。ここしばらく帰っていませんが…。同級生の間でも、そのまま地元で生活されている方も少なくないと思いますが、ほとんど付き合いがなくなっているので…。

author:田中かつひこ, category:-, 16:19
comments(0), trackbacks(0), - -
日本共産党第27回党大会が終わりました―総選挙での共産党躍進、安倍政権を退場させ、野党連合政権めざした活動を本格的に

 15日から4日間の日程でおこなわれた日本共産党第27回党大会が先ほど終わりました。2カ月余、議論されてきた大会決議案―さまざまな意見や補強提案、情勢の変化などを受けて、修正箇所も具体的に報告され(修正・補強された大会決議の全文は、この時点では代議員の方しかわかりませんが)、採択されました。

 新しい中央委員会も選出されました。今年中にはあるであろう衆議院の解散・総選挙で、国民のみなさんとともに野党共闘を発展させ、野党共闘の勝利、日本共産党自身の躍進という2つの課題を実らせ、安倍政権を退場させ、野党による連合政権をつくるために全力をあげることーこれが最大のテーマです。

 これから、大会で交流された全国の経験や中央委員会報告、討論のまとめ(結語)などにも、今後学び、いかしていきます。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 15:39
comments(0), trackbacks(0), - -
今日はいっそう寒いなか、平田交差点でー貧困と格差をただす経済改革を

 今朝も寒さが一層厳しいものでした。平田交差点で宣伝。テレビや新聞でも報道されていましたが、世界の超富豪8人と下位36億人の富が同じと。世界的にも貧困と格差がさらに拡大しています。このことも取り上げて訴えました。

 共産党大会も今日が3日目。あすが最終日です。愛媛県から参加している代議員のみなさんも奮闘されています。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:07
comments(0), trackbacks(0), - -