RSS | ATOM | SEARCH
愛媛県議会に「首相主催の『桜を見る会』疑惑の真相解明を求める意見書」を提出。議会最終日の11日、私が提出者を代表し、その趣旨を説明しました。否決されましたが、反対討論はありませんでした。

 

 ただいま、上程されました、議発第7号議案―首相主催の「桜を見る会」疑惑に関する真相解明を求める意見書―について、提出議員を代表して、趣旨を、説明をいたします。

 この問題での世論調査を見てみますと、朝日新聞、首相の説明には「納得できない」が68%。共同通信では、首相の発言を「信頼できない」が69.2%となっています。

 毎日新聞12月4日付の社説では「公金で催される政府行事が首相ら政権党の支持者をもてなす事実上の選挙活動に利用されていた疑惑だ。首相がその気になれば真相解明が進むのに、説明から逃げるから、さらに疑惑が深まる」と強調。昨日の愛媛新聞社説でも「『逃げ切り』は許されない」と厳しく指摘しています。

 菅官房長官自身が会見で、「残念ながら国民から理解されていない」と認めておられるように、説明は尽くされておらず、これで幕引きとはいかない。それが、県民・国民の世論だと考えます。

 総理大臣主催の「桜を見る会」は「各界において功績、功労のあった方々を招き、日頃の労苦を慰労する」目的で、長年おこなわれてきましたが、それを大きく変貌させてしまったのが安倍政権です。

 意見書にあるようにまず、財政民主主義を無視したものであることです。

 安倍政権のもと、2014年、「桜を見る会」の支出額は、3千5万円で予算の1.7倍にもなり、今年、2019年は参加者で1万8千人をこえ、支出額は5,520万円と、予算の3倍をこえる事態になっています。毎年、予算超過を当然のごとく拡大させることは大きな問題です。

 第二に、反社会的勢力も「桜を見る会」に招待されていたという問題です。

 2015年、悪徳マルチ商法で、それまでも、消費者庁から何度も指摘を受けていたジャパンライフ元会長にも、「桜を見る会」への招待状が届き、この招待状を、巧みに利用し、結果として被害が拡大したことは、否定できない事実です。ジャパンライフ元会長は「総理枠」で招待されていたことが、濃厚となっています。全国各地で被害者の方が、この「桜を見る会」に招待されたことを大々的にアピールしていたということを、それを信用してしまったということを証言されています。

 安倍首相の責任は重大です。なぜ、このような人物が招待されたのか、「名簿を破棄したのでわからない」では済まされない問題です。

 第三に、公文書は、民主主義の根幹をささえる国民共有の財産です。ところが、内閣府は、野党議員から資料要求のあった1時間後に、招待者名簿などを破棄していました。誰が見ても、証拠隠滅をはかったものとしか言いようがありません。森友、加計問題などから、公文書管理の重要性があれだけ、確認されていたにも関わらず、であります。

 官僚と言われる方々、霞が関が、公文書という国民共有の財産を守るよりも、時の権力者への忖度を優先するならば、国会という行政監視機能は機能しなくなり、まさに、日本の民主主義が危機的状態にあると言わなければなりません。

 最後に、安倍首相自身にも、「桜を見る会」前日に安倍後援会が都内ホテルで開いた「前夜祭」をめぐり、首相の政治団体の収支報告書に記載がないことについても、疑惑が残っております。

 「桜を見る会」をめぐる国政の私物化にかかわる様々な疑惑を徹底して解明することなくして、公正・公平な行政の回復にはなりません。民主主義という根幹を取り戻し、正常に機能させていくためにも、立場の違いをこえ、地方から声をあげていくことが、いよいよ必要です。

 議員各位のご賛同をお願いし、説明を終わります。ご清聴ありがとうございました。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:58
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日夕刻、松山市駅前で。ながえ孝子参院議員も参加し、県内野党揃い、「桜を見る会」疑惑の徹底解明求める緊急宣伝。立憲民主党、国民民主党、社民党、新社会党、市民派・無所属、共産党から私が訴えました。日本の民主主義の危機、安倍政権を総辞職に追い込み、立憲主義回

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:51
comments(0), trackbacks(0), - -
だんだんと12月らしい寒さになってきました。子どもが通う小学校でも、今年はじめてのインフルエンザで休む子どもが。気をつけましょう。今朝は、安城寺交差点で。国政私物化にストップ、民主主義を取り戻す野党連合政権へと宣伝。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:46
comments(0), trackbacks(0), - -
愛媛県議会は昨日、12月議会が最終日でした。首相主催の「桜を見る会」疑惑に関する真相解明を求める意見書を国政野党の議員のみなさんで提出。残念ですが、賛成少数で「否決」となりましたが。ことの本質、国政私物化がどこまでひどいものかを多くの県民に知らせていくこ

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:44
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日18日、愛媛県知事にたいし、「平和と民主主義、くらしを守る愛媛県民大運動各界連絡会議」が来年度予算要望書提出し、交渉。私も同席しました。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 14:38
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日朝は衣山交差点で。桜を見る会中止で終わりにならない。安倍首相後援会800人参加はどうして?前夜祭でのホテルへの支払いも明細書などなく…。国政私物化でないというなら国会でこそ説明を。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 14:34
comments(0), trackbacks(0), - -
16日土曜。愛媛県商工団体連合会婦人部協議会総会であいさつ。力合わせ、消費税5%への減税を、桜を見る会など税金の使い方を改めさせよう。所得税法56条廃止にむけて意見書採択さらに広げよう。ながえ孝子参院議員も国会報告かね、あいさつされました。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 14:30
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日13日、愛媛県教育委員会に、大学入学共通テストへの民間英語検定試験導入は中止し、関係者の声を十分反映させた制度にと申し入れ。国へ中止を求めるかの言及はありませんでしたが「公平・公正であることが大前提。国語、数学の記述式についての議論もあり、情報収集に

教育の機会均等といえない大学入学共通テストへの民間英語検定試験導入は中止し、共通テスト自身も抜本的に見直し、関係者の意見をくみとった制度となるよう求める要請書

 11月1日、萩生田文部科学大臣は、大学入学共通テストでの民間英語検定試験を「延期する」と発表されました。民間英語検定試験をめぐっては、民間事業者がおこなう資格・検定試験を受けることになり、その成績が大学に提供され、合否判定に使われることになり、共通テストとは別に受験料もかかります。

 どのような資格・資質の採点者がどのような体制・基準で採点をおこなうか統一したものがなく、実施団体でバラバラという実態でした。各実施団体の応募資格などからは、アルバイトや海外業者への委託も可能であり、文部科学省も否定できませんでした。採点者の質も担保されず、主観的判断も入り込む余地があるような基準では、公正な採点ができるのか―現場や専門家から批判の声があがるのは当然です。こんな業者への丸投げは到底、容認できるものではありません。

 また、試験会場が限られ、都市部と地方では大きな格差を生じ、受験にかかる交通費を考えれば、そもそも受験機会の公平性も担保できず、経済的格差がうまれることも指摘されてきました。こうしたなかで、全国高等学校長協会も制度の見直しを求める要望書を国に提出していました。英語検定試験延期の判断は遅きに失したとはいえ、導入を強行できなかったのは当然のことです。

 しかも、首相官邸直轄の教育再生会議での議論の経過や、受験産業との癒着を指摘する声もあがっています。当事者である高校生が犠牲あるいは危険にさらされることになっては、本末転倒です。

 この際、地方格差、経済的格差をうみ、公正性・公平性からも問題のある民間英語検定試験は延期でなく、中止するよう関係者と連携し、国に求めていただくとともに、国語や数学の記述式についても、採点や機密保持などの点で問題が残るとの現場の意見も含め、当事者や関係者の意見をくみとった制度となるよう丁寧な議論を要望するものです。  以 上

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:32
comments(0), trackbacks(0), - -
今朝は風も強い寒い日でしたが安城寺交差点で。「桜を見る会」来年度は中止するとの安倍首相会見。急転直下の中止決断は、よほどこれ以上の追及はきついと思ったからなのか…。中止は当然としても、予算委員会で野党の問いにこたえるのが首相の責任ではないでしょうか。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 10:22
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日は決算特別委員会の委員会審査。一斉開催ですから、他部局の審査状況は傍聴もできません…。廃棄物処理センター関連、新エネルギー導入促進、男女共同、原発関連、児童福祉施設、県子ども療育センター関連、自殺対策などの施策について議論しました。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 11:07
comments(0), trackbacks(0), - -