RSS | ATOM | SEARCH
伊方原発1号機の廃炉作業はじまるとの報道。廃炉には異論ありませんが、廃炉による低レベル放射性廃棄物の処分がどうなるかなど課題もあります。また、運転から35年になる2号機の「再稼働判断は年内に」と四国電力社長は言われています。監視と世論が必要です。

author:田中かつひこ, category:原発・エネルギー, 18:22
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://k-tanaka.jcp-ehime.jp/trackback/1095