RSS | ATOM | SEARCH
25日からの愛媛県内での本格的な学校再開前に、教育委員会に要望書提出。児童生徒の心身のケア最優先に。心身のバランスや熱中症などにも配慮し、夏休みや土曜授業については慎重かつ柔軟に。省略判断の単元を国の責任で示すよう―など。

学校再開にむけ、感染拡大防止対策とともに、学習権を保障しつつ、子どもたちの健康や成長に配慮した対策を強化いただくことを求める要望書

【共通要望】
1.学校再開とともに、児童生徒の心身のケアについて、最優先課題として取り組んでいただくこと。養護教諭を補佐できる支援員やカウンセラーの配置をはじめ学校での対応とともに、SNSなどの相談ツールも積極的に活用できるようにしていただくこと。
2.授業時間についても、土曜授業や夏休み期間の縮小が一定あり得ることはやむを得ないものと考えますが、夏休みの大幅削減、毎週土曜授業等が一部で言われる状況もあり、児童生徒の心身のバランスや熱中症等健康にも配慮し、慎重かつ柔軟な授業時間設定となるよう検討いただくこと。
3.学習指導要領のうち、応急措置として、省略してもかまわない単元を、国が示すよう強く求めていただくとともに、県としても、一定の方向性を示し、学校に示せるよう検討いただくこと。
4.新型コロナ感染が長期化するなかで、保護者の生活実態が短期間のうちに大きく変容していることも考えられ、必要な援助制度等が届くよう、家庭状況の把握や制度の周知に引き続き取り組んでいただくこと。
5.感染の第2波、あるいは秋や冬に再流行する可能性が言われ、休校の判断にいたった場合でも対応できるよう、公的な施設等(例えば公民館等)へ、フリーWi−F餞超整備をすすめるよう、知事部局と連携し、ご検討いただくこと。
6.ワクチンができるまでは、当面、「3密」等回避する感染防止対策が欠かせないなかで、少人数学級化や教室の活用のあり方、学校施設の利用等について、ご検討いただくこと。
7.受験時期はじめ季節的な対応として、児童生徒、教職員へのPCR検査や抗体検査が公費で実施できるよう、国への支援も含め、ご検討いただくこと。

【高校教育課】
1.21年春の高卒新規採用について、採用枠が縮小されていくことが何よりも心配されます。実質的な生徒との懇談、指導が6月以降となることも踏まえ、学校、労働局や企業等と連携し、高校生の就職活動に大きな支障がないよう取り組みを強めていただくこと。

学校への就職支援員の補充等の対策をとっていただくこと。

【義務教育課】
1.学習指導要領のうち、応急措置として、中学3年生の課題で、省略してもかまわない単元を、国が急ぎ示すよう強く求めていただき、高校入試、受験への環境を整えられるよう配慮いただくこと。
2.今年度から小学5、6年生で必修化された「外国語」について、コマ数も含め、学校と児童の負担とならないよう、思い切った判断を国が示すよう求めていただくこと。

【保健体育課】
1.本格的な学校再開となった後、市町と連携し、子育て世帯への新型コロナによる影響への支援対策として、学校給食費の負担軽減に取り組まれるようご検討いただくこと。
2.高校、中学とも総体が中止となるなかで、感染防止への配慮をおこたらないことを前提に、何らかの形で、中学3年、高校3年の部活動としての成果をしめすことができるよう、体育連盟等と連携し、ご検討いただくこと。

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 14:46
comments(0), -, - -
Comment