RSS | ATOM | SEARCH
愛媛県知事反論。自民党元幹事長も「考えられない」。鳥インフルエンザ研究の第一人者・京産大元教授「国はアンフェア」。県文書と柳瀬氏との整合性にとどまらず、首相が議長の国家戦略特区プロセス全体の検証を。それには国が情報開示する姿勢が大事ですが…。

author:田中かつひこ, category:-, 07:32
comments(0), trackbacks(0), - -
今朝の愛媛新聞社説「加計学園への厚遇ぶりが見えた」。「今治市や県は関連情報を徹底公開すべきだ」。私は県職員作成文書が明らかになって2度の申し入れをした。国の民主主義が危機に瀕するとき、地方から民主主義を回復させることが必要と。社説からも共通の思いが受け取

author:田中かつひこ, category:-, 07:00
comments(0), trackbacks(0), - -
柳瀬元首相秘書官へ参院で質疑。国家戦略特区制度普及に関心があり、事業者がどうかは関心なかったと言うが、特区全体で面会した事業者は加計のみ。自治体含め首相秘書官にアポとろうと考えない。なぜ、加計学園だけが首相秘書官に連絡できたのか…。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 15:05
comments(0), trackbacks(0), - -
衆院予算委員会。加計問題で、柳瀬元首相秘書官が参考人出席。加計関係者と官邸で3回も面会。4月2日以前に、加計関係者から連絡があり面会。6月4日特区申請前後にも面会。特区にかかわり面会したのも加計学園だけ。短期間に特定事業者が3回も首相秘書官としかも官邸で

 

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 11:28
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日は夜からの雨が続き朝宣伝中止、今朝は平田交差点で。与野党協議が整い、野党が求めた内容からすれば不十分ながら、今日から国会が正常化に。10日には柳瀬元首相秘書官を参考人として審議。真相究明の一歩に。

 柳瀬元首相秘書官は4月2日に加計学園関係者と首相官邸で面会したことを認める方向との報道。愛媛県や今治市職員は後方にいたので認識していなかったということで、これまでの国会答弁との整合性をとる見込みといわれている。国会軽視も甚だしいと思うのは私だけでないと。

 内閣府も官邸に取り次いでいない、愛媛県は「今治市の要請で同行した」のみ。今治市がアポイントとれるわけもなく、内閣府から文科省へのメールで示されたように、加計学園関係者と首相官邸との関係でアポをとったとしか考えられない。そこで、県や今治市に具体的な「助言(こうしていくということからすると私は指示という表現が適切に思いますが)」があった。

 会ったかどうかは白黒ついたわけで、国家戦略特区という首相が議長のシステムを使って、行政がゆがめられたのかどうか。この本質を徹底して審議してもらいたいと思います。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 09:46
comments(0), trackbacks(0), - -
今日は5月1日、メーデー。8時間働けば普通に暮らせる社会に、最低賃金を急いで千円以上に、働き方改悪法案廃案に。伊方原発廃炉、憲法9条守れ、それぞれの労組・団体から。そして何よりも、「安倍政権は退陣を」の声。さらに大きなうねりになるよう共闘発展を。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 14:09
comments(0), trackbacks(0), - -
松山市議選過去最低の投票率。足を運んでいただけるよう焦点や対決点を住民規模で、鮮明にし浸透させることができなかった共産党自身の力量不足。期待や願いにこたえ、議席増も果たせなかったのは申し訳ない思い。今後、公約実現、安倍政権退陣への共闘をさらに。昨日は地域

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 09:14
comments(0), trackbacks(0), - -
29日投票の松山市議選も最終盤。松山市清水町にうまれた池内さおり前衆院議員が応援に駆けつけてくれました。国民を欺いても居座りを続ける安倍政権に怒りの声が広がっています。市民と手をつなぎ必ず退場させる。日本共産党の躍進で。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 16:54
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日の県議会地方創生特別委。私も傍聴。加計学園獣医学部長と今治市担当者が参考人として出席。地域に貢献できる獣医学部となるよう―ご説明がありました。開学前の問題にかかわることはテーマでないと却下される場面も。疑惑を晴らすことも地方創生だし、行政がゆがんでい

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 12:05
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日は閉会中の委員会開催。総務企画委員会で、議案外質疑で加計問題で何点か質疑。改めて確認。官邸訪問は「今治市から連絡あり同行」加計学園同席は知ったのは「条例に鑑みお答えできない」。いわゆる備忘録の内容に沿ったような引継ぎは「受けていない」。

私が質疑したことは以下の点。

 ○知事いわく「備忘録」の内容に沿ったような文書や口頭含め、引き継ぎを人事異動のときに受けてはいたような記憶はないか。

 ※私は受けていない。

 ○突然決まった4月2日の首相官邸訪問は、いつ、どなたから知らされたか。加計学園関係者の同席はいつ、知らされたのか。

 ※今治市から同行してほしい旨連絡があった。加計学園ことについては、情報公開条例に鑑みてお話できない。

 ○4月2日官邸訪問から、国家戦略特区申請した6月4日、ヒアリングがあった6月5日までの内閣府との協議、やりとりはどのようなことがあったのか。

 ※内閣府と何度かやりとりはおこなっておりましたが、記録は残っておりません。

 ○いわゆる「備忘録」に県職員の方が、最後に書かれている財政支援にかかわることは、その場で何らかのやりとりがあって問題意識を書き込んだのか、今後のことで考えることがあったからメモしたのではと思われるが、内閣府と財政支援でやりとりは。

 ※とくに、なかった。 

 ○国会が停滞し、事態がすすんでいない。そもそも、民主主義の根幹が崩れている。情報公開条例の精神はあったとしても事態を考え、知事から積極的に情報公開、オープンな説明を。

author:田中かつひこ, category:活動の記録, 08:58
comments(0), trackbacks(0), - -